緑内障とは視神経線維が減少して、視野に異常が現れる病気です。40歳以上の人の5%に見られるもので決して稀なものではなく、遺伝傾向が強いので家族に緑内障の人がいる方は、特に注意が必要です。

緑内障になると、視神経の形に独特の変化が現われて、視野が欠けてきますが、初期には自覚症状がほとんどありません。多くの場合、たまたま受けた眼底検査や、人間ドックなどで視神経の異常が発見されます。初期の異常に気付かないまま放置をすると、視野はだんだん狭くなり、極端な場合には失明という不幸な事態を招くことにもなりかねません。

緑内障は後戻りをしない疾患で、とても恐ろしい気持ちになりますが、眼圧を下げることにより進行を抑えることは十分に可能です。昨今は多くの新薬が登場して、手術も多様な術式が開発をされました。負担の軽い治療で大きな効果が得られるようになってきたので、今は早い時期からきちんとした管理をすれば、あまり恐れる必要はありません。

ただ、数十年という単位で見ると必ず進行をする病気ですから、人生百年と言われる今日、80代、90代になってからも、なるべく快適な生活を送るために、早い時期に検診を受けることをお勧めします。

緑内障という名前を怖がりすぎず、また侮ることもなく、始めの一歩を踏み出して下さい。そこで正常か緑内障か、あるいは将来緑内障に発展するリスクがあるか、正確な情報を手に入れて不安のない暮らしを始めましょう。(2020.4.9)