健康診断で眼底検査をしたら視神経乳頭陥凹の拡大と言われた。そもそも視神経乳頭とは何か。それは脳からきた視神経が眼球に入ってくる部分で、ここには陥凹と言われるへこみがあるのが普通です。(下図)しかし、緑内障になって視神経の線維が少なくなってくると、この陥凹が大きくなってきます。

ただし、緑内障とは無関係に、先天的に陥凹の大きな人もいるし、近視の強い人も緑内障とよく似た形の視神経乳頭をしていますが、この場合異常ではありません。

視神経乳頭陥凹の拡大が見つかると緑内障を疑って、OCT検査や視野検査を行います。その結果、はっきりした緑内障であれば治療を始めることになるし、緑内障の疑いがなければ診察は終了です。

問題は、極めて初期の緑内障であったり、今はよくても将来緑内障になるかもしれないという方です。年に1回か2回の見張りを続けていくか、リスクの高い方は治療を始めるかもしれません。そのリスクとは年齢や眼圧、家族歴など様々で、一人ひとりの患者さんの状況をみて、総合的な判断が必要になります。